Hoshizo's Outdoor Life

塵も積もれば山となる

岩湧山

2017年11月12日、大阪は岩湧山に行ってきました。
大阪市内から車で約1時間、当日は11月半ばということもあり、若干肌寒い一日となりました。

まずは河内長野駅に車を置いて、
スタート地点の滝畑までタクシーで向かいます(タク使うんかい)。

辺りは赤みを帯びているところもあり、
紅葉を感じさせてくれます。(12度寒いです)

ダイヤモンドトレイルの一部でもあるんですね、岩湧山。
全長50kmぐらいあるのでいつかは縦走してみたい(いや、したくない)

序盤は、頂上までは比較的緩やかな登り道。
晴れ間も見えて緑が体に染み込みます。

頂上も近くなってきた所で、謎のオブジェが登場。
その笑顔、疲れた心を癒す・・・には至らず。(見つけたら記念撮影をしましょう!)

森の中を歩き始めて約1時間30分、辺りが開けると
そこには黄金に輝くススキの群れが!
遠くへと伸びる山道が登山心をくすぐります。

青空と黄金のススキのコントラストは絶妙。
写真を撮っている方も大勢いらっしゃいました。

山道をしばらく登り、振り返るとそこには
脈々と連なる山が。より一層ススキも映えます。(ステキ)

頂上一歩手前には開けた場所があり、皆さんそこでお昼を
食べられていました。私も持ってきたヌードルと豚汁のW汁で
鋭気を養いました。

頂上へ着いた後は、一路紀見峠駅を目指してひたすら下山しました。
15時ぐらいでも肌寒く、気付けばすれ違う人もおらず、
孤独との戦いでしたが、そこはドリカムの「晴れたらいいね」を
密かに流し、乗り切りました。

そこまでハードな道のりでもなく、また頂上付近のススキも
一見の価値はありました。
大阪市内からも1時間程度で行けるので、皆さんも是非
チャレンジしてはいかがでしょうか。

〜山の途中、水のせせらぎを最後に〜

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

nine − 6 =

https://hoshizo.net/wp/wp-content/themes/hitchcock

© 2024 Hoshizo's Outdoor Life

テーマの著者 Anders Norén